お仏壇の引越し方法|費用/料金を見積もり比較

お仏壇の引越し方法と費用の見積もりサイトをご紹介します。また、遺品を大切に整理してくれるサイトや不用品の引き取りサイトもご紹介します。

お仏壇の引越しで注意することは、以下の2点です。

@ お仏壇の引越しには、一般的に仏事はありません。(法律もありません。)ただ、宗派によってしきたりがある場合がありますので、一度、お寺様にご相談されるのが良いと思います。

A あとは、お仏壇の引越しに熟練した業者を探します。



引越し業者によっては、お仏壇も引越し先に移動してくれるサービスがありますので、引越しの際のお仏壇の移動は、お仏壇の移動に対応している業者を探して、移動してもらうのがベストです。

こちらで紹介するサイトでは、お仏壇の台数の項目にチェックをするだけで、

自動的にお仏壇の移動に対応した業者だけが費用を見積もりをしてくれるので、簡単に見積もり比較することが出来ます。

下で紹介する『引越し侍』では、「仏壇」項目の台数を選ぶだけで大丈夫です。


こちらでは、下に紹介する見積もりサイトをオススメしています。

引越しの見積りは、普通1社ずつしてもらうのですが、それでは手間もかかりますし、多くの会社を比較することができません。

こちらの紹介サイトでは、一度入力することで、一括で見積りを取ることができます。

数ある中から厳選して上位の3つのサイトをご紹介しています。3サイトとも全て無料でご利用できます。

きっと料金・サービスで納得のいく会社が見つかるとおもいます。満足のいく引越しをしていただけたら幸いです。


お仏壇の引越し方法|費用/料金を見積もり比較! 第1位≪引越し侍≫

≪ひとこと≫         :「引越し侍」は、とにかく私の一押しサイトです。1回の入力で最大10社まで見積もりが可能です。紹介実績も1124万件と十分です。ここなら、ご自分に合った料金・サービスの引越し業者が見つかるとおもいます。

≪推奨指数≫       :★★★★★

≪提携引越し業者数≫ :200社以上。

≪主な提携引越し業者≫ :ハート引越センター・アート引越センター・SGmoving・ダック引越センター・アーク引越センター・アリさんマークの引越社・サカイ引越センターなど

≪一括見積りの料金≫ :全て無料。

≪対応エリア≫       :日本全国。

≪その他≫         :紹介実績1124万件。かんたん最短1分の入力で見積もりできます。


<<<↓↓↓≪引越し侍≫の公式サイトへ↓↓↓>>>




お仏壇の引越し方法|費用/料金を見積もり比較! 第2位≪引越し価格ガイド≫

≪ひとこと≫         :「引越し価格ガイド」は、上の「引越し侍」とほぼ同じと思っていいです。お見積り入力はとても簡単です。最短1分で完結!また、単身・家族(オフィス・事務所・会社)の引越しも簡単に見積り出来ます。

≪推奨指数≫       :★★★★★

≪提携引越し業者数≫ :200社以上。

≪主な提携引越し業者≫ :クロネコヤマト引越しセンター・ハート引越センター・アリさんマークの引越社・アート引越センター・ダック引越センター・サカイ引越センター・アーク引越センター・SGmovingなど

≪一括見積りの料金≫ :全て無料。

≪対応エリア≫       :日本全国。

≪その他≫         :簡単入力お見積り。最短1分で完結。オフィスの引越しも簡単!


<<<↓↓↓≪引越し価格ガイド≫の公式サイトへ↓↓↓>>>




お仏壇の引越し方法|費用/料金を見積もり比較! 第3位≪ズバット引越し比較≫

≪ひとこと≫         :「ズバット引越し比較」は、94.0%の方が次回もこのサービスを使いたいという満足度をいただいている、人気のサイトです。海外引越し見積もりにも対応しています。利用者数は300万人と突破している人気サイトです。

≪推奨指数≫       :★★★★★

≪提携引越し業者数≫ :200社以上。

≪主な提携引越し業者≫ :ハート引越センター・アーク引越センター・ダック引越センター・アート引越センター・クロネコヤマト引越しセンター・サカイ引越センターなど

≪一括見積りの料金≫ :全て無料。

≪対応エリア≫       :日本全国。

≪その他≫         :利用者300万人突破!海外の引越し見積もり対応。


<<<↓↓↓≪ズバット引越し比較≫の公式サイトへ↓↓↓>>>




お仏壇の引越しの知識について

近年では大掛かりな据え付け型のお仏壇をお持ちの家庭は珍しくなりましたが、それでもコンパクトタイプのお仏壇は根強い需要があるので、使用している人も多いでしょう。

もし住まいを引っ越すことになった場合、気になるのがお仏壇の移動の方法です。

お仏壇は仏さまが宿っておられる大切な場所なので、単に移動させれば良いというものではありません。

行わなければならない儀式などもあるので、事前に知識を知っておきましょう。

お仏壇は基本的に移動させるものではありませんが、やむを得ず動かす場合はまず「魂抜き」という儀式が必要になります。

そして新しい場所に移動させた後、お仏壇に魂を戻す「魂入れ」を行うことになります。

ただ、この方法は一般的な仏教には適していても浄土真宗には当てまりません。

浄土真宗の場合、魂という概念自体が存在しないため、お仏壇を動かす際にも魂抜きや魂入れという表現は使いません。

遷座法要や遷仏法要などと呼ぶことになりますが、実際の儀式としてはお寺からお坊さんに来ていただいて行うので、一般的な場合と変わりません。

呼び方が異なるということだけ覚えておきましょう。

まず、魂抜きなどは家が所属している宗派のお寺やお坊さんにお願いすることになります。

自分たちがどの宗派になっているのかを確認し、その宗派のお寺に連絡を入れるようにしましょう。

普段からお付き合いがあるお寺があれば良いのですが、無い場合は取りあえず同宗派のお寺に相談してみると良いでしょう。

実際に儀式を行う場合には、お坊さんやお寺へのお布施が必要になります。

また、遠方の場合は交通費をお支払いしますが、近所の場合はお茶代としてお渡しすることもあります。

お布施の金額はお寺によって異なりますが、約1万円から5万円と設定されているケースがほとんどです。

いくら必要になるか分からない場合は、お寺に直接問い合わせてみると確実です。

金額を聞くなど失礼かと気にする人も多いですが、そんなことはなくすぐに教えてもらえるので安心してください。

通常、このような儀式はお寺に依頼してすぐに来てくれるものではありません。

お寺の都合もあるので、移動させる予定日の遅くとも1ヶ月前までに予約を入れておきましょう。

また、実際の儀式はいつでも構いませんが、移動させる当日はバタバタしてしまうので1週間前から前日までに行っておくのが理想的です。

引越が終わったら基本的には魂抜きを行ってもらったお坊さんにお願いして魂入れを行うのですが、遠方への引越しなどで同じ方にお願いできない場合は、引っ越し先で魂入れをしてもらうお寺などを紹介してもらえるようお願いしておきましょう。

実際に儀式を行う時は、数珠やお線香、供花などを準備して丁寧に執り行うようにします。

また、お仏壇がある場合は慎重に扱うことになるため、一般の引越し費用に加えて約1万円から2万円ほど追加費用を支払うことになります。

さらに横に倒して運ぶのは仏さまに対して非常に失礼に当たるので、きちんと立てた状態で運ぶようにしましょう。

引越し業者がはこのような運び方を心得ている業者がほとんどですが、心配な場合は一応事前に運び方を確認しておくと良いでしょう。

基本的には業者に運んでもらうのですが、ご位牌やご本尊など大切なものは、家族が自分たちの手で運んであげるのが良いでしょう。

ご位牌などは魂が宿るものとされているため、万が一にも移動中に破損することの無いよう、大切に自分の手で持ち運ぶのが安心です。

引越業者によっては、あらかじめご位牌などはご自分でお願いしますと言われることも多いです。

このように、仏壇を引越させる際には様々な注意点や知識が必要となります。

お仏壇の引越し方法|費用/料金を見積もり比較!メニュー